株式会社 笹川組

トップページ > 事業紹介 > エコロジー建築

エコロジー建築

 

環境対策活動が主体となっているEcologyですが建設業を営んでいる当社としては環境保護だけでなく既存建築物を改修し、より安全な建物に「再生」させることにより貢献できるのではないかと発足しました。建物によっては、建築当時のレトロな雰囲気を残したものもあり今では手に入らない材料や技が随所に見られる建物もあります。現在の建築基準に則りながら、それらをうまく活かした建物に仕上げたいと思います。

 


生産活動を続けながらの屋根改修

h2-350 h-1-350二重屋根工法と呼ばれる、古くなった既存のスレート、折板屋根の上に新たな折板屋根を敷く工法により、既存の屋根を撤去する必要がありません。そのため、工場などの生産活動を停止することなく屋根の葺き替えが可能になります。環境にもやさしい施工方法となります。

施工事例詳細

 

 


建物の再生・長寿命化

koukaidou2-300koukaido1-5001934年築造の旧大津公会堂は、昭和初期には珍しい公民館としてオープンし、大津公民館、市社会教育会館と名称を変えながら市民に親しまれてきました。近年、老朽化や耐震性などの面から廃止が議論されるようになりましたが、地域住民の保存運動の訴えを受け、外観や雰囲気を保存しながらも改修工事を行いました。
施工事例詳細

 


 

taishin-exaより安全な建物への再生

「耐震改修」とは、地震に対する安全性の向上を目的として、増築、改築、修繕若しくは模様替又は敷地の整備をすることを言います。徹底した耐震診断を行った上で、その建物にあった補強を行います。ビルは橋脚の耐震補強工事実績がある株式会社笹川組に安心してお任せください。

施工事例一覧

 

 


特殊建築物定期報告に伴う是正工事tokutei-exa

劇場、百貨店、ホテル、病院、物販店、共同住宅、事務所など多くの人々が利用する建築物を「特殊建築物等」といいます。建築基準法では、防災上の観点から定期報告制度が設けられており、第12条第1項に基づき、不特定多数の人が使用する特殊建築物について所有者又は管理者は、その敷地、構造および建築設備等の維持管理状態に関し、専門の技術者に調査又は検査させ、その結果を特定行政庁へ、報告することを義務付けています。建築物が常に安全で快適な状態に維持されるよう努めることは、所有者又は管理者の社会的責任であり、そのことにより利用者からの信頼も得られ、また大切な財産も守られていくことになります。当社は、当該報告書を作成することの出来る有資格者により「安全な生活」をご提供いたします。

施工事例一覧


 

設計 バリアフリー設計 耐震設計

施工 リノベーション 舗装工事 耐震補強
維持管理 雨漏れ修繕 内装工事 外壁工事 耐震診断

改修 エコ改修 太陽光 屋上緑化

等は、お気軽にご相談下さい。