株式会社 笹川組

トップページ > 施工実績 > エコロジー建築 > 旧大津公会堂改修

旧大津公会堂改修

旧大津公会堂改修

koukaido1-500

 

 

koukaidou2-300

1934年築造の旧大津公会堂は、昭和初期には珍しい公民館としてオープンし、大津公民館、市社会教育会館と名称を変えながら市民に親しまれてきました。

近年、老朽化や耐震性などの面から廃止が議論されるようになりましたが、地域住民の保存運動の訴えを受け、外観や雰囲気を保存しながらも改修工事を行いました。

 

 

 

koukaido3-300

「スクラッチタイル」と呼ばれる茶色の外壁は、特注の信楽焼で復元。屋根シンダーコンクリートを撤去し、鋼製勾配屋根とすることで屋根を軽量化。また、地下1階から地上2階にはコンクリート耐力壁を新設、3階は大空間を確保しながら、特徴あるアーチ窓の意匠を損なうことのないよう鋼製フレームで補強、屋上に太陽光発電パネルを新設し、外壁照明にLED照明を用いるなど環境にやさしい施設としています。